山内ギター教室

お問い合わせはこちら
048-767-8907
埼玉県さいたま市見沼区春岡1-7-9
 
メールを送信
 
日本ギター連盟ロゴ
 
山内ギター教室は、社団法人日本ギター連盟の公認教室です。

レッスン内容

それぞれのレッスン内容をご案内します。

テクニックノートノススメ

ホセ・ルイス・ゴンザレス/「ギター・テクニック・ノート」

レッスン内容

はじめに
当教室では、全くの初心者の方には初級のレッスンから始めていただく様お勧めしております。
過去にギターの経験のある方には、身体全体のフォームや左右の手のタッチを見直した後、それぞれにふさわしい段階のレッスンをスタートします。
「弾きたい曲だけをすぐにレッスンしてほしい...。」や「コードの押さえ方だけ教わりたい...。」といったご要望を受ける時がありますが、そのようなレッスンの仕方は、ギターを永く続けられる趣味としていただく為にはお勧めできません。
また、当教室は、公益社団法人 日本ギター連盟の定める教程に準拠したレッスンを 行っております。
ご希望があれば、ギター連盟による8級からディプロマに至るまでのグレード認定証を発行する事が可能です。(認定料が別途必要です。)

 
 
 
 
 
1.初級のレッスン

これから始まるあなたのギターライフの中で最も重要な段階です。
まずは、楽器の取り扱い方、チューニング(調弦)の仕方を身につけましょう。
初級のレッスンでは、楽譜の読み方、リズムの取り方からスタートして、音楽の3要素である、リズム、メロディー、ハーモニーの基礎をしっかりと身につけます。
また同時に、ギターという楽器の特質を知っていただきながら、よりギターらしい表現を目指します。
使われるテキストも、あなたの年齢や楽器の経験、これからどんな音楽を楽しんで行きたいかによって様々です。

初級の段階では、単音、和音、アルペジオを学んで、簡単な伴奏付きのメロディーが弾ける様になります。

2.中級のレッスン

基礎的なギターの弾き方を身につけて、ギター音楽の世界があなたの目の前に広がってくる段階です。
あなたの知らなかった、ギターの為に作曲されたオリジナル曲が数多くある事に驚かれる事でしょう。特に古典的なエチュードに数多く触れる事が大事です。エチュードで身に付けた技術や音楽感はポピュラー音楽をやる上でもとても重要です。「カタイのはちょっと...。」という方もご安心ください。やさしい小品に触れながら、様々な時代を経て現代の音楽がある事を感じ取っていただきます。

中級の段階では、様々な曲のパターンに触れる事によりレパートリーが増え、より複雑で大規模な曲も次第に弾ける様になります。皆さんにとりあえず目標にしてほしいレベルです。

一般的にはよく「万年中級者」等といって、早く「脱出」しなければいけない段階の様にとらわれがちですが、私はある意味中級者が一番楽しくて、様々な可能性を秘めている様に思います。是非、「中級者」を楽しんで下さい。

人それぞれレベルの差はありますが、中級で弾けるレパートリーはかなり有ります。「万年中級者」万歳!と言いたいです。

 

3.上級のレッスン

より体系的に音楽を学んで行く段階です。 音楽史をふまえ、各時代の様式感を考えた演奏が出来る様にします。
本格的な古典期のエチュードから現代作曲家のエチュードをテキストとしながら、さらに高度なメカニックの完成を目指しましょう。
また、演奏以外にも、基本的な音楽史や楽典を学んで、より深い楽曲解析が出来る様にしましょう。

どこからが「上級者」なのかを定義するのはなかなか難しいですが、ただ単に難易度の高い曲を練習しているから上級者だとは決して言えないと思います。充実した中級時代を過ごした方が、さらに高いレベルで音楽を楽しみたいと思う時に目指すレベルです。自分自身が楽しむ事に留まらず、音楽を通して自分が感じた事(感動した事)、言いたい事をはっきりと他人に伝えられる、コミュニケーションの「上級者」になる事が求められます。また、自分の演奏に客観的になれる姿勢も必要となるでしょう。そういった意味でも、コンクールやコンペティション、著名な演奏家のマスター・クラス等への参加も積極的に勧めています。
レッスンはさらにプロフェッショナルな方向へも続いて行きます。